せいようからしな (西洋芥子菜)

Brassica juncea

Brassica juncea

Brassica juncea

Brassica juncea

Brassica juncea

Brassica juncea

Brassica juncea

Brassica juncea

Brassica juncea

Brassica juncea

Brassica juncea

Brassica juncea

Brassica juncea

ヨーロッパ北部から中央アジアが原産だと考えられています。わが国でも本州の関東地方以西に帰化しています。「あぶらな(Brassica campestris)」と「くろがらし(Brassica nigra)」との種間交雑種です。荒れ地や河川敷などに生え、高さは25〜75センチになります。葉は楕円形で、羽状に分裂し鋸歯があります。基部で茎を抱かないのが特徴です。4月から5月ごろ、黄色い扁平な十字形花を咲かせます。種子は香辛料「芥子(からし)」の原料となります。 
アブラナ科アブラナ属の越年草で、学名は Brassica juncea。
英名は Brown mustard。 
The Brown mustard (Brassica juncea) belongs to the Brassiaceae (the Mustard family). It is a biennia herb that is native from northern Europe to Central Asia. It is naturalized in Japan, westward from Kanto district of Honshu. It is aninterspecific hybrid between Wild turnip (Brassica campestris) and Black mustard (Brassica nigra). This herb grows in disturbed areas or dry riverbeds and can reach 25-75 cm in height. The leaves are elliptic and divided into pinnate lobes with toothed edges. They are defined by un-enfolding stems. The yellow flat cruciate flowers come in April to May. The seeds are used as a raw material of mustard. 
[上・中1〜2・中5] 奈良県三郷町勢野北にて、
2006年04月14日撮影。
[中3・中4] スイス・ベルン州・グリンデルワルトにて、
2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5〜中9] 千葉県東庄町大友にて、2011年04月29日撮影。
[中10・下] アメリカ・テネシー州ヘンリーにて、
2015年04月11日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp