せいようきんばいそう (西洋金梅草)

Trollius europaeus

Trollius europaeus

Trollius europaeus

Trollius europaeus

Trollius europaeus

Trollius europaeus

Trollius europaeus

ヨーロッパの北部から中南部の高山に分布しています。湿潤な草原や低木地帯に生え、高さは45〜60センチになります。6月から7月ごろ、黄色い花を咲かせます。花弁は全開せず、球状にかかえ咲きとなります。わが国の「しなのきんばい(Trollius riederianus var. japonicus)」の近縁種です。 
キンポウゲ科キンバイソウ属の多年草で、学名は Trollius europaeus。英名は Globeflower。 
The Globeflower (Trollius europaeus) belongs to Ranunculaceae (the Buttercup family). It is a perennial herb that is native to northern and central-southern Europe. This herb grows in alpine wet grasslands or scrubs and can reach 45-60 cm in height. The bright yellow flowers come in June and July. The petals do not spread out and form globe. This species is closely related to "Shinano-kinbai" (Trollius riederianus var. japonicus). 
[上] スイス・ベルン州クライネシャイデックにて、
2007年06月30日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1] 同上にて、2007年06月30日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中2] スイス・マイリンゲン「ハスリベルク高原」にて、
2002年07月15日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、
008年06月15日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中4] スイス・ベルン州グリンデルワルト「バッハアルプゼー」にて、
2009年06月29日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中5] 同上にて、2009年06月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] スイス・ベルン州「シーニゲプラッテ高山植物園」にて
2013年07月02日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp

L>