せきちく (石竹)

Dianthus chinensis

Dianthus chinensis

Dianthus chinensis

Dianthus chinensis

Dianthus chinensis

Dianthus chinensis

Dianthus chinensis

Dianthus chinensis

中国の西南部が原産です。わが国へは平安時代に渡来しました。茎は直立し、高さは15〜45センチになります。葉は線形で粉緑色を帯び、対生します。5月から10月ごろ、茎頂に紅色や白色の花を咲かせます。園芸品種も数多く作出され、花色も豊富です。 
ナデシコ科ナデシコ属の常緑多年草で、学名は Dianthus chinensis。
英名は Chinese pink、Rainbow pink。 
Chinese pink (Dianthus chinensis) belongs to the Caryophyllaceae (the Carnation family). It is an evergeen perennial herb that is native to south-west China. This herb was introduced into Japan in the Heian Era (about 1100 years ago). The stem is errect and can reach 15-45 cm in height. The leaves are linear, green with powdery white and opposite. The rose-pink to white flowers come on the stem apices from May to October. Many cultivars have beed breeded, and many flower colors. 
[上・中1〜3] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 同上にて、2010年05月01日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2005年12月06日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中6] 新潟県十日町市松之山「エデンの花園」にて、
2008年10月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp