セラギネラ・ピリフェラ [Index] [Back]

Selaginella pilifera

Selaginella pilifera

アメリカのニューメキシコ州からテキサス州、メキシコ北部に分布しています。チワワ砂漠の乾燥した礫地や岩の裂け目、崖の表面などに生えます。地生または岩上に生えて、ロゼットを形成します。主茎はらせん状にコンパクトにまとまり、分枝して2〜3分岐し、それに匍匐します。葉は厚くで丈夫です。側葉は重なって傾上し、緑色、楕円形から楕円状卵形で基部は心形となり、2個の繊毛のある裂片か耳介があります。
イワヒバ科イワヒバ属の常緑性シダ類で、学名は Selaginella pilifera。英名は Resurrection plant。
Resurrection plant (Selaginella pilifera) belongs to the family Selaginellaceae (the Spikemoss family). It is an evergreen moss that is native to New Nexico, Texas and northern Mexico. This plant grows on dry rocky soil, rock crevices, and cliff faces in the Chihuahuan Desert. It is terrestrial or on rock, forming rosettes. The main stem is a spirally compact, branched, branches 2-3 forked, and prostrate. The leaves are thick and stiff. The lateral leaves are overlapping, ascending, green, elliptic to elliptic-ovate, base cordate, with 2 ciliate lobes or auricles.
アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、
2012年11月02日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp