せいようまつむしそう (西洋松虫草)

Scabiosa atropurpurea

Scabiosa atropurpurea

Scabiosa atropurpurea

Scabiosa atropurpurea

Scabiosa atropurpurea

Scabiosa atropurpurea

Scabiosa atropurpurea

ヨーロッパの地中海沿岸が原産です。高さは60〜90センチほどに
なります。6月から10月ごろ、紅色の花を咲かせます。わが国の「ま
つむしそう」に比べて、花弁は短く、中心部の舌状花も多めです。品
種改良が進んでいて、花色や花形、草丈など多彩です。別名で「スカ
ビオサ」とも呼ばれます。
マツムシソウ科マツムシソウ属の一年草で、学名は Scabiosa
atropurpurea。英名は Pincushion flower, Sweet scabious。
Pincushion flower belongs to Dipsacaceae (the Teasel family). It is an
annual herb that is native to coastal area of the Mediterranean Sea. This
herb can reach 60-90 cm in height. Ponceau flowers come from June to
October. This species is different from Matsumushi-so (Scabiosa japonica)
in that shorter petals and much ray flowers. It is advanced to breed
improvement, there are many flower colors, types and plant length.
[上・中1〜2] 茨城県神栖市太田新町にて、2009年07月04日撮影。
[中3] スペイン・バレンシア県プソルにて、2010年06月18日撮影。
(photo by Yumi Gunji)
[中4] 長野県大町市「ラ・カスタ」にて、2007年07月10日撮影。
[中5] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 同上にて、2007年03月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp