セミノール [Index] [Back]

Citrus x tangelo cv. Seminole

Citrus x tangelo cv. Seminole

アメリカ・フロリダ州にあるアメリカ農務省の試験場で、1910年代に育成されました。ダンカングレープフルーツとダンシータンゼリンとの種間交雑種です。果実は鮮やかなオレンジ色で、特徴のある芳香と滑らかで光沢のある果皮が特徴です。3月下旬から4月上旬に収穫されますが、酸味が強いために、1か月ほど追熟させてから出荷されます。名前は、フロリダにあるセミノール湖に由来します。
ミカン科ミカン属の常緑低木で、学名は Citrus x tangelo cv. Seminole。英名は Seminole tangelo。
Seminole tangelo (Citrus x tangelo cv. Seminole) belongs to Rutaceae (Citrus family). It is an evergreen small tree that was cross breeded by USDA agricultural experimental station in 1910s. It is a interspecific hybrid between Duncan grapefruit and Dancy tangerine. The fruits are bright orange and charasteristic aromatic with smooth glossy seed-vessels. They are harvested from late March to early April. The fruits have strong acid tastes and need to force-riped for one month. The name 'Seminole' is derives from the Lake Seminole in Florida.
岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、2007年12月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp