せいようみやこぐさ (西洋都草)

Lotus corniculatus var. corniculatus

Lotus corniculatus var. corniculatus

Lotus corniculatus var. corniculatus

Lotus corniculatus var. corniculatus

Lotus corniculatus var. corniculatus

Lotus corniculatus var. corniculatus

Lotus corniculatus var. corniculatus

Lotus corniculatus var. corniculatus

Lotus corniculatus var. corniculatus

Lotus corniculatus var. corniculatus

Lotus corniculatus var. corniculatus

Lotus corniculatus var. corniculatus

Lotus corniculatus var. corniculatus

Lotus corniculatus var. corniculatus

Lotus corniculatus var. corniculatus

Lotus corniculatus var. corniculatus

Lotus corniculatus var. corniculatus

Lotus corniculatus var. corniculatus

Lotus corniculatus var. corniculatus

ヨーロッパが原産です。わが国でもワイルドフラワーとして法面などに播種されるため、各地に帰化しています。茎は地面を這って伸び、葉は3出複葉です。わが国の「みやこぐさ」に比べると、葉が粉白色を帯び、茎や葉、萼などに短毛があるのが特徴です。春から夏にかけて、葉腋から花柄を伸ばして、黄色い蝶形花を輪状に3〜7個咲かせます。
マメ科ミヤコグサ属の多年草で、学名は Lotus corniculatus var. corniculatus。英名は Bird's foot trefoil。
Bird's foot trefoil (Lotus corniculatus var. corniculatus) belongs to the Fabaceae (the Pea family). It is a perennial herb that is native to Europe. It was introduced into Japan as a wild flower for slope protections, nowadays it is naturalized in all over Japan. The stems spread on the ground. The leaves are trifoliate and tinged powdery white. The peduncles are borne on the axils and bloom 3-7 yellow papilionacenous flowers in annular from spring to summer.
[上・中1] 長野県山ノ内町平穏「志賀高原」にて、
2008年07月25日撮影。
[中2・中3] 同上にて、2004年07月04日撮影。
[中4〜中6] 長野県白馬村北城「和田野の森」にて、
2006年08月25日撮影。
[中7・中8] 長野県山ノ内町発哺温泉にて、2004年07月03日撮影。
[中9] クロアチア・ドブロニク「ロクルム島」にて、
2012年05月03日撮影。(photo by Aya Suehiro)
[中10〜中13] アメリカ・オレゴン州ユージーン市にて、
2013年06月14日撮影。
[中14〜中16] 福島市土湯温泉町にて、2013年07月20日撮影。
[中17] イギリス・スコットランド・ブリーマーにて、
2016年06月05日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] イギリス・スコットランド・ベンカウワーズにて、
2016年06月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp