せいようみざくら (西洋実桜)

Prunus avium

Prunus avium

Prunus avium

Prunus avium

Prunus avium

Prunus avium

Prunus avium

Prunus avium

Prunus avium

Prunus avium

Prunus avium

Prunus avium

Prunus avium

Prunus avium

Prunus avium

Prunus avium

Prunus avium

Prunus avium

Prunus avium

Prunus avium

西アジアからヨーロッパ東部にかけてが原産です。有史以前には栽培されていたと考えられ、わが国へも明治時代に渡来しています。高さは5〜6メートルになり、3月から5月ごろ、白い花を咲かせます。現在では、果実は大きく甘くなるように改良されています。ただ果実が雨に弱いことから、梅雨でも雨の少ない長野や山梨、山形県などで栽培されています。ふつうには、別名の「おうとう(桜桃)」とか「さくらんぼ(桜ん坊)」で呼ばれます。 
バラ科サクラ属の落葉小高木で、学名は Prunus avium。
英名は Wild cherry、Sweet cherry。 
Wild cherry (Prunus avium) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a deciduous semi-tall tree that is native from West Asia to east Europe. This tree was introduced into Japan in Meiji Era. It can reach 5-6 m in height, white flowers come from March to May. Wild cherry has been breeded for large and sweet fruits. Because of the fruits have a weakness for rain, wild cherry is cultivated in Nagano, Yamanashi and Yamagata prefecture of Japan, where it is low rainfall even at Bai-u (rainy-season). 
[上・中1] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2007年03月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中14・中15] 同上にて、2008年03月21日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・中3] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2005年03月20日撮影。
[中4] スペイン・バレンシア県プソルにて、2011年03月31日撮影。
(photo by Yumi Gunji)
[中5・中6] 同上にて、2011年04月07日撮影。(photo by Yumi Gunji)
{中9〜中11] 同上にて、2011年05月14日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中12・中13] 同上にて、2012年04月02日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中16・中17] 同上にて、2015年04月01日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中7] スイス・ベルン州・グリンデルワルトにて、
2007年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8] 同上にて、2007年06月30日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中18・下] イギリス・ランカシャー州ウォーリーにて、
2015年06月28日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp

> TML>