せいようなし (西洋梨)

Pyrus communis

Pyrus communis

Pyrus communis

Pyrus communis

Pyrus communis

Pyrus communis

Pyrus communis

Pyrus communis

Pyrus communis

Pyrus communis

Pyrus communis

Pyrus communis

Pyrus communis

Pyrus communis

Pyrus communis

ヨーロッパ中部から西アジアが原産です。有史以前から栽培され、今では世界各地の温帯地域に広がっています。ただ夏に乾燥する気候を好むために、わが国のような高温多湿の夏がある地域では生産が安定しないそうです。4月から5月ごろ、真っ白な花を咲かせます。果実は秋に成熟しますが、収穫後に追熟させて甘さと香りを出させます。「バートレット」や「ラフランス」、「ルレクチェ」といった品種があります。
バラ科ナシ属の落葉高木で、学名は Pyrus communis。
英名は Common pear、European pear。
Common pear belongs to the family Rosaceae (the Rose family). It is a tall deciduous tree that is native from central Europe to West Asia. This tree has been cultivated before the recorded history, and nowadays spreads in worldwide temperate areas. It prefers arid climate in summer. The pure white flowers come in April to May. The fruits ripen in fall, though it is necessary to force-riped for sweet and flavor. There are many cultivars, such as "Bartlett", "La-France" or "Le Lectier".
[上・中1] スペイン・バレンシア県プソルにて、
2011年03月27日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中2・中3] アメリカ・テキサス州ダラス市にて、
2004年03月20日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] 同上にて、2006年03月04日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中13・下] 同上にて、2013年08月18日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5] アメリカ・テキサス州フォートワース市にて、
2006年03月18日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6・中7] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2006年09月04日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中8・中9] スイス・ベルン州・グリンデルワルトにて、
2007年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中10〜中12] イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、
2008年03月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp