せいようなつゆきそう (西洋夏雪草) [Index] [Back]

Filipendula ulmaria

Filipendula ulmaria

Filipendula ulmaria

ヨーロッパから西アジアに分布しています。湿気のある草地に生え、高さは1〜2メートルになります。葉は濃緑色で、羽状複葉です。頂小葉は3〜5裂します。6月から9月ごろ、集散花序をだし、黄白色の花を咲かせます。全草が胃炎や胃潰瘍の民間薬として使われています。別名で「メドースイート」とも呼ばれます。
バラ科シモツケソウ属の多年草で、学名は Filipendula ulmaria。
英名は Meadowsweet。
Meadowsweet belongs to Rosaceae (Rose family). It is a perennial herb that is native to Europe and western Asia. This herb occurs in damp meadows and can reach 1-2 m in height. The leaves are dark green and pinnate compound. The terminal leaflets are 3-5 lobed. The corymbs are borne and bloom creamy-white flowers from June to September. The whole plant is a traditional remedy for an gastric inflammation and ulceration.
[上・中] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2007年06月29日撮影。
[下] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp