せいようにわとこ (西洋接骨木)

Sambucus nigra

Sambucus nigra

Sambucus nigra

Sambucus nigra

Sambucus nigra

Sambucus nigra

Sambucus nigra

Sambucus nigra cv. Black Beauty

Sambucus nigra cv. Black Beauty

Sambucus nigra cv. Black Beauty

Sambucus nigra

Sambucus nigra

西アジアからヨーロッパ、北アフリカに分布しています。高さは5〜10メートルほどになり、奇数羽状複葉で対生します。5月から6月ごろ、枝先の散房花序に芳香のある淡い黄白色の花を咲かせます。果実は秋に黒く熟します。葉や花、果実はキッチンハーブや薬草として利用されます。イタリアのリキュール「サンブーカ(Sambuca)」は、この花や果実を香料として使っているそうです。写真中7から中9は、園芸品種の「ブラックビューティ(cv. Black Beauty)」。
スイカズラ科ニワトコ属の落葉低木で、学名は Sambucus nigra。
英名は Elderberry、European elder。
Elderberry belongs to the family Caprifoliaceae (the Honeysuckle family). It is a small deciduous tree that is distributed West Asia, Europe and North Africa. This small tree can reach 5-10 m in height. Leaves are opposite, odd-pinnately compound. May to June, corymbs with scented pale whitish-yellow flowers are seen on the terminal branchlets. Fruits are ripen black in the fall. Leaves, flowers and fruits are used as cocking herbs and medical herbs. Sambuca (Italian liqueur) is herbed with flowers and fruits of the elderberry.
[上・中1] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2004年05月29日撮影。
[中3] 同上にて、2005年08月05日撮影。
[中2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年03月10日撮影。
[中4] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年12月25日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5・中6] スイス・ベルン州「バレンベルク屋外博物館」にて、
2009年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7〜中9] アメリカ・オレゴン州シルバーフォールズにて、
2013年06月15日撮影。
[中10・下] アメリカ・オレゴン州カスケードロックスにて、
2013年06月18日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp