セネキオ・メドレイウォーディイ [Index] [Back]

Senecio medley-woodii

Senecio medley-woodii

南アフリカの東ケープ地方からクワズールーナタール、スワジランドに分布しています。川沿いの崖や花崗岩の露頭などに生え、高さは2メートル以上になります。よく分枝します。葉は卵形で白いフェルト状の毛に被われ、全縁または疎らな鋸歯があります。6月から7月ごろ、鮮やかな黄色い頭花を咲かせます。
キク科キオン属の常緑多年草で、学名は Senecio medley-woodii。
英名はありません。
Senecio medley-woodii belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native from the Eastern Cape and KwaZulu-Natal to Swaziland of South Africa. This herb grows on cliff around river and on granite outcrops, and can reach up to 2 m in height. It is much branched. The leaves are ovate, entire to coasely toothed, and covered with white-felty hairs. The bright yellow flower heads bloom from June to July.
イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、2008年03月03日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp