せんねんぼく (千年木)

Cordyline terminalis cv. Hakuba

Cordyline terminalis cv. Hakuba

Cordyline terminalis cv. Aichiaka

Cordyline terminalis cv. Aichiaka

Cordyline terminalis

Cordyline terminalis

Cordyline terminalis

Cordyline terminalis

Cordyline terminalis

熱帯アジアからポリネシア、オーストラリア北東部に分布しています。多肉の地下茎があり、高さは3メートルほどになります。「たけ」のような茎と葉は赤みを帯びています。3月から7月ごろ、茎の先端に花序をつけ、白色やピンク色の花をいっぱいに咲かせます。多くの園芸品種があります。写真上・中1は「はくば(白馬)」、中2・中3は「あいちあか(愛知赤)」。 
リュウゼツラン科センネンボク属の常緑低木で、学名は Cordyline terminalis。英名は Dwarf red dracaena。 
The Dwarf red dracaena (Cordyline terminalis) belongs to the Agavaceae (the Agave family). It is a small evergreen tree that is distributed from Tropical Asia to Polynesia and northeast Australia. This tree has succulent rhizome and can reach about 3 m in height. Stems and leaves look like bamboo, and tinged reddish. Inflorescence with numerous white or pink flowers on the terminal stems come from March to July. There are many cultivars. 
[上・中1] 栃木県藤岡町「とちぎ花センター」にて、
2008年03月29日撮影。
[中2・中3] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2003年12月23日撮影。
[中4] オーストラリア・シドニー市「ガルストンオープンガーデン」
にて、2006年08月12日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中5] 韓国・果川(クァチョン)市莫渓洞(マッケドン)「ソウル大公園」にて、2007年01月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6〜7・下] 茨城県水戸市「水戸市植物公園」にて、
2014年03月02日撮影。
 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp

L>