せんにんそう (仙人草)

Clematis terniflora

Clematis terniflora

Clematis terniflora

Clematis terniflora

Clematis terniflora

Clematis terniflora

Clematis terniflora

Clematis terniflora

Clematis terniflora

Clematis terniflora

Clematis terniflora

Clematis terniflora

Clematis terniflora

Clematis terniflora

Clematis terniflora

Clematis terniflora

Clematis terniflora

Clematis terniflora

Clematis terniflora

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島南部や台湾、中国南部に分布しています。日当たりのよい道ばたや林縁などに生え、蔓を絡ませて伸びます。「ぼたんづる」と同じく「クレマチス」の仲間ですが、葉は羽状複葉で鋸歯がないのが特徴です。8月から10月ごろ、白い花を咲かせます。花弁のように見えるのは萼片です。名前は、果実に残った花柱の密生した白い毛を仙人の髭に見立てたことから。有毒成分のプロトアネモニンが含まれ、乳汁がつくと被れます。 
キンポウゲ科センニンソウ属の落葉木本で、学名は Clematis terniflora。英名は Virgin's bower、Japanese clematis。 
The Virgin's bower (Clematis terniflora) belongs to Ranunculaceae (the Buttercup family). It is a deciduous woody vine that is native to all over Japan, as well as the southern Korean Peninsula, Taiwan and southern China. This herb grows on sunny roadsides and forest margins, and climbs up adjascent shrubs and trees. It resembles to Clematis, though it is defined by non-serrated, pinnate compound leaves. The white flowers bloom in August and October. The corolla has four petaloid sepals. The plant contains poisonous protoanemonin, and the white saps cause a skin irritation. 
[上・中1〜2] 群馬県安中市松井田町にて、2010年09月04日撮影。
[中3〜4・中10] 大阪府四条畷市逢阪「清滝峠」にて、
2006年09月10日撮影。
[中5] 同上にて、2003年09月03日撮影。
[中6] 東京都小平市「都薬用植物園」にて、2009年08月09日撮影。
[中7] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年09月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8・中9] 同上にて、2006年10月08日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中11〜中14] 千葉県香取市山倉にて、2013年08月31日撮影。
[中15〜17・下] 茨城県桜川市「筑波山」にて、
2014年08月23日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp