せんにちこう (千日紅)

Gomphrena globosa

Gomphrena globosa

Gomphrena globosa

Gomphrena globosa

Gomphrena globosa

Gomphrena globosa

Gomphrena globosa

Gomphrena globosa

Gomphrena globosa

Gomphrena globosa

Gomphrena globosa

Gomphrena globosa

Gomphrena globosa

熱帯アメリカが原産です。帝王貝細工と同じようにカサカサとした花で色があせないことから、和名では「せんにちこう(千日紅)」と呼ばれています。高さは30〜60センチほどで、7月から10月ごろ、枝先に直径2センチほどの球状の頭花を咲かせます。花弁状の総苞片は紙質で、紫紅色や淡いピンク色、白色などがあります。 
ヒユ科センニチコウ属の一年草で、学名は Gomphrena globosa。
英名は Globe amaranth。 
Globe amaranth (Gomphrena globosa) belongs to the Amaranthaceae (the Amaranth family). It is an annual herb that is native to tropical America. This herb can reach 30-60 cm in height. It blooms spherical flowerheads about 2 cm across from July to October. The flowers are dry papery, petal-shaped involcal bracts and magenta, pale pink or white colors. 
[上] 千葉県香取市大角にて、2011年07月30日撮影。
[中1〜中3] 同上にて、2011年07月09日撮影。
[中4] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2007年06月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2006年02月22日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中6〜11・下] 千葉県香取市久保にて、2016年08月09日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp