せいようのこぎりそう (西洋鋸草)

Achillea millefolium

Achillea millefolium

Achillea millefolium

Achillea millefolium

Achillea millefolium

Achillea millefolium

Achillea millefolium

Achillea millefolium cv. Christel

Achillea millefolium

Achillea millefolium

Achillea millefolium

Achillea millefolium

Achillea millefolium

Achillea millefolium

Achillea millefolium

Achillea millefolium

Achillea millefolium

ヨーロッパが原産です。わが国でも観賞用や牧草として栽培されていたものが帰化しています。高さは60センチほどになり、葉は2〜3回羽状複葉で細かく裂け、両面に軟毛があります。花期は6月から9月ごろ、茎の先に散房花序をつけ、白色または淡紅色の花を咲かせます。学名は、ギリシャの英雄アキレスがトロイ戦争の時、傷の手当てに用いたことに因みます。昔から止血薬や抗炎症薬として、また今では風邪のときの湿布薬として使われています。写真中7は園芸品種の「クリステル(cv. Christel)」。
キク科ノコギリソウ属の多年草で、学名は Achillea millefolium。
英名は Yarrow、Milfoil。
Yarrow (Achillea millefolium) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to Europe. This herb escaped from cultivation and is naturalized in Japan. It can reach about 60 cm in height and the leaves are bipinnately to tripinnately compound with soft hairs on both sides. The corymbs are borne on the stem apices and produce white to pale pink flowerheads from June to September. The genus name is derived from the Greek hero Achilles, who carried yarrow with his army to treat wounds at the battle of Troy. This herb has been used as a hemostatic and anti-inflammatory agent since ancient times. (edit by Greg Brockelbank)
[上] 長野県伊那市長谷黒河内「黒河内林道」にて、
2006年08月24日撮影。
[中1・中2] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年05月16日撮影。
[中3・中8] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2007年06月29日撮影。
[中4] 山形県白鷹町滝野にて、2008年07月12日撮影。
[中5] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6] アメリカ・テキサス州「イーグルキャニオン」にて、
2001年05月13日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中7] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中9] アメリカ・カリフォルニア州「ヨセミテ国立公園」にて、
2008年08月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中10〜中14] アメリカ・アイダホ州ブリス市にて、
2013年06月11日撮影。
[中15・下] アメリカ・ワシントン州「キャサリンクリーク」にて、
2013年06月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp