せいようおきなぐさ (西洋翁草)

Pulsatilla vulgaris

Pulsatilla vulgaris

Pulsatilla vulgaris

Pulsatilla vulgaris

Pulsatilla vulgaris

Pulsatilla vulgaris

Pulsatilla vulgaris

Pulsatilla vulgaris

Pulsatilla vulgaris

ヨーロッパの中部からウクライナ地方が原産です。わが国へは明治
時代の中頃に渡来しました。乾燥した岩の多い草地に生え、高さは
10〜25センチになります。葉は掌状に分裂し、茎葉は線形で無柄
です。3月から5月ごろ、藍色から赤紫色の花を咲かせます。葯は黄
色です。
キンポウゲ科オキナグサ属の多年草で、学名は Pulsatilla vulgaris。
英名は Pasque flower。
Pasque flower (Pulsatilla vulgaris) belongs to the Ranunculaceae (the
Buttercup family). It is a perennial herb that is native from central Europe to
Ukraine. It was introduced into Japan in the middle of Meiji Era (about
120 years ago). This herb grows in arid rocky grasslands and can reach
10-25 cm in height. The leaves are divided palmately, and the cauline
leaves are linear and sessile. The indigo blue to magenta flowers bloom
from March to May. The anthers are yellow.
[上・中3] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2006年03月03日撮影。
[中1] 同上にて、2005年02月08日撮影。
[中4] 同上にて、2006年04月13日撮影。
[中2] 神戸市灘区六甲山町「六甲高山植物園」にて、
2005年04月19日撮影。
[中5] 長野県大町市常盤「ラ・カスタ」にて、2006年05月09日撮影。
[中6〜7・下] イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、
2008年03月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp