せいようおとぎり (西洋弟切) [Index] [Back]

Hypericum perforatum var. perforatum

Hypericum perforatum var. perforatum

Hypericum perforatum var. perforatum

Hypericum perforatum var. perforatum

Hypericum perforatum var. perforatum

Hypericum perforatum var. perforatum

Hypericum perforatum var. perforatum

Hypericum perforatum var. perforatum

Hypericum perforatum var. perforatum

Hypericum perforatum var. perforatum

Hypericum perforatum var. perforatum

Hypericum perforatum var. perforatum

ヨーロッパが原産です。南北アメリカにも導入され、各地で帰化しています。高さは20〜80センチになります。葉は楕円形で十字対生し、はっきりした半透明の斑点(油点)があります。6月から8月ごろ、黄色の5弁花を咲かせます。ハーブティーや打ち身や切り傷の民間薬として利用されます。英名は、6月24日のセントジョンズデー(聖ヨハネの日)に開花したり収穫することに由来します。
オトギリソウ科オトギリソウ属の多年草で、学名は Hypericum perforatum var. perforatum。英名は St. John's wort、Tipton's weed、Klamath weed。
St. John's wort belongs to the family Clusiaceae. It is a perennial herb that is native to Europe, which has been introduced into the Americas and naturalized in so many places. This herb can reach 20-80 cm in height. The leaves are elliptic and decussate with obvious translucent dots-oil glands. The yellow, five-petaled flowers come in June to August. This herb are used as a herbal tea, traditional medecines for bruise or incisure. The common name is derived from the flowering and harvesting on St. John's day, 24 June.
[上・中1] スイス・ベルン州「バレンベルク屋外博物館」にて、
2009年06月27日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中2・中3] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年06月27日撮影。
[中4・中5] 同上にて、2007年10月27日撮影。
[中6] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。
[中7〜中9] アメリカ・オレゴン州「スティンキング・ウォーター峠」にて、2013年06月11日撮影。
[中10・下] アメリカ・オレゴン州カスケードロックスにて、
2013年06月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp