セコイアデンドロン [Index] [Back]

Sequoiadendron giganteum

Sequoiadendron giganteum

Sequoiadendron giganteum

Sequoiadendron giganteum

Sequoiadendron giganteum

アメリカのカリフォルニア州に分布しています。セコイアデンドロン属の現存するただひとつの種です。シエラネバダ山脈の西斜面に生え、高さは50〜85メートル、直径は6〜8メートルになります。体積ではひとつの樹木として、最大のものです。樹皮は繊維質で溝があり、円柱形の幹の基部では、厚さが90センチにもなります。葉は常緑で千枚通しのような形をしていて、長さは3〜6ミリ、小枝の上にらせん状につきます。球果は長さ4〜7センチで熟すのに18〜20か月かかります。その後も緑色で、20年以上もついたままです。
スギ科セコイアデンドロン属の常緑大高木で、学名は Sequoiadendron giganteum。英名は Giant sequoia、Giant redwood。
Giant sequoia (Sequoiadendron giganteum) belong to the family Taxodiaceae (the Bald cypress family). It is sole living species in the genus Sequoiadendron. It is a large tall, evergreen tree that is native to California in the United States. This tree grows on the western slopes of the Sierra Nevada Mountains, and it can reach 50-85 m in height and 6-8 m in diameter. It is the world's largest single tree by volume. The bark is fibrous, furrowed, and may be 90 cm thick at the base of the columnar trunk. The leaves are evergreen, awl-shaped, 3–6 mm long, and arranged spirally on the twigs. The cones are 4–7 cm long and mature in 18–20 months, though they typically remain green and closed for up to 20 years.
アメリカ・カリフォルニア州「ヨセミテ国立公園」にて、
2008年08月08日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp