せいようさんざし (西洋山査子)

Crataegus oxyacantha

Crataegus oxyacantha

Crataegus oxyacantha

Crataegus oxyacantha

Crataegus oxyacantha

Crataegus oxyacantha

Crataegus oxyacantha

ヨーロッパ中部、イギリス、北アフリカから中央アジアに分布しています。高さは4〜9メートルほどで、5月に白色または淡い紅色の5弁花を咲かせます。1620年に、イギリスから清教徒を乗せてアメリカに渡ったメイフラワー号に、この花が描かれていたことから、「メイフラワー」とも呼ばれています。花や葉、果実は、血管を刺激して血行をスムーズにする作用があるといわれ、薬用にも使われています。 
バラ科サンザシ属の落葉低木で、学名は Crataegus oxyacantha。
英名は Hawthorn、Mayflower、Whitethorn。 
Hawthorn (Crataegus oxyacantha) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a small deciduous tree that is distributed to central Europe, Great Britain, North Africa and Central Asia. This tree can reach 4-9 m in height and blooms white to pale rose-pink flowers in May. The flowers, leaves and fruits behave as an improver of blood circulation, and used for herbal medicine. It is also called 'Mayflower', and named for the famous ship 'Mayflower' that transported the English Separatists from England to Plymouth in 1620 and was painted this flowers on the side. 
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2002年04月29日撮影。
[中2] 同上にて、2004年10月11日撮影。
[中3] 同上にて、2005年11月03日撮影。
[中4] 同上にて、2007年11月10日撮影。
[中5・下] イギリス・スコットランド・ロックカーロン「アタデールガーデン」にて、2016年06月02日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp

E>