せいようしなのき (西洋科の木)

Tilia europaea

Tilia europaea

Tilia europaea

Tilia europaea

Tilia europaea

Tilia europaea

Tilia europaea

Tilia europaea

Tilia europaea

Tilia europaea

Tilia europaea

Tilia europaea

Tilia europaea

Tilia europaea

Tilia europaea

Tilia europaea

Tilia europaea

Tilia europaea

ヨーロッパに広く分布しています。「なつぼだいじゅ(Tilia platyphyllos)」と「ふゆぼだいじゅ(Tilia cordata)」との自然交雑種といわれ、シューベルトの歌曲「菩提樹(リンデンバウム)」としても有名です。幹は直立し、高さは20〜30メートルほどになります。葉は卵形で葉柄があります。6月から8月ごろ、集散花序を下垂させ小さなクリーム色の花を咲かせます。花序のうえには白い苞葉があります。花には強い芳香があり、フランスではハーブティーとして利用されています。別名で「せいようぼだいじゅ(西洋菩提樹)」とも呼ばれます。
シナノキ科シナノキ属の落葉高木で、学名は Tilia europaea。
英名は Lime tree、Linden。
Lime tree (Tilia europaea) belongs to the Tiliaceae (the Linden family). It is a tall deciduous tree that is distributed widely to Europe. It is thought to be a natural hybrid between Large-leaved lime (Tilia platyphyllos) and Small-leaved lime (Tilia cordata). It is also famous as a motif of Schubert's ayre "Der Lindenbaum". The trunk is erect and can reach 20-30 m in height. The leaves are ovate with petioles. The drooping cymes are borne and the small, cream flowers bloom from June to August. The white bracts are arranged above the clusters. The flowers are scented strongly and used as a herbal tea in France.
[上・中1〜2] スイス・ベルン州ヴェンゲンにて、
2009年07月01日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・中4] フランス・パリ市「アンバリッド地区」にて、
2003年06月--日撮影。(photo by Katsuko Shibuya)
[中5〜中8] アメリカ・アイダホ州「ショショーン滝」にて、
2013年06月12日撮影。
[中9〜中12] アメリカ・ワシントン州バンクーバーにて、
2013年06月17日撮影。
[中13・中14] イギリス・スコットランド・ロックカーロン「アタデールガーデン」にて、2016年06月02日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中15〜16・下] イギリス・イングランド・バースにて、
2011年08月24日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp