せいようすぐり (西洋酸塊) [Index] [Back]

Ribes uva-crispa

Ribes uva-crispa

ヨーロッパから西アジアが原産です。高原の茂みや岩の多い森などに生え、高さは1〜3メートルになります。枝には、鋭い棘があります。葉は丸形で、3〜5裂しています。5月から6月ごろ、白色でベル形の花を1個か2個ずつ咲かせます。果実は緑色で丸い液果で、ふつうジャムに加工されます。
スグリ科スグリ属の落葉小低木で、学名は Ribes uva-crispa。
英名は Gooseberry。
The gooseberry (Ribes uva-crispa) belongs to Grossulariaceae (the Gooseberry family). It is a deciduous shrub that is native to Europe and western Asia. This shrub grows in alpine thickets and rocky woods, and can reach 1-3 m in height. The branches have sharp spines. The leaves are round and divided into 3-5 lobes. The flowers are white bell-shaped, singly or in pairs and bloom May to June. The fruits are green, round berries and usually processed to jam.
スイス・ベルン州「バレンベルク屋外博物館」にて、
2009年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp