せいようやぶいちご (西洋藪苺)

Rubus fruticosus

Rubus fruticosus

Rubus fruticosus

Rubus fruticosus

ヨーロッパから北アメリカが原産です。蔓性で棘が多く、高さは2〜3メートルになります。3出または5出複葉で、卵形の小葉には鋸歯があります。5月から6月ごろ、淡いピンク色の花を咲かせます。果実は黒色に熟し、生食のほかジャムなどに加工されます。わが国でも近年まれに植栽され、道ばたなどに野生化したものもあります。ふつうには「ブラックベリー」と呼ばれます。 
バラ科キイチゴ属の落葉低木で、学名は Rubus fruticosus。
英名は Blackberry、Shrubby blackberry。 
The Blackberry (Rubus fruticosus) belongs to the family Rosaceae (the Rose family). It is a small deciduous tree that is native to Europe and North America. This tree is a woody vine with many spines, and can reach 2-3 m in height. The leaves are trifoliate or pentafoliolate with ovate and dentate leaflets. The pale pink flowers bloom from May to June. The fruits ripen in black, and they are used as a raw diet and jam. 
[上] スイス・ベルン州「バレンベルク屋外博物館」にて、
2009年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・中3] 長野県東御市新張にて、2005年07月09日撮影。
[下] ギリシャ・スキアトスにて、2014年09月18日撮影。
(photo by Jouette Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp