しゃが (射干)

Iris japonica

Iris japonica

Iris japonica

Iris japonica

Iris japonica

Iris japonica

Iris japonica

Iris japonica

Iris japonica

Iris japonica

Iris japonica

Iris japonica

Iris japonica

Iris japonica

Iris japonica

わが国の本州から四国・九州、それに中国の中・南部やビルマに分布しています。湿り気のある林内や谷沿いの日陰に生え、高さは30〜70センチになります。果実ができないので、根茎を伸ばして広がります。葉は剣形で光沢があります。4月から5月ごろ、花茎を伸ばして、真ん中に橙色の斑がある淡い青紫色の花を咲かせます。外花披片にはとさか状の突起があり、花柱の先は分裂して花弁のように見えます。中国名のまま「こちょうか(胡蝶花)」とも呼ばれます。 
アヤメ科アヤメ属の多年草で、学名は Iris japonica。
英名は Crested iris、Fringed iris。 
Crested iris (Iris japonica) belongs to the Iridaceae (the Iris family). It is a perennial herb that is distributed to Honshu, Shikoku and Kyushu of Japan, as well as central-southern China and Burma. This herb grows in wet forests or shady places arong streams, and can reach 30-70 cm in height. It spreads by rootstocks, since it is sterile. The leaves are sword-shaped and glossy. The flowering stalks are borne and pale bluish-purple flowers bloom from April to May. The flower has orange mottles in the center. The outer tepals have cristate projections, and the divided style is petaloid. 
[上・中1] 千葉県香取市大角にて、2010年04月29日撮影。
[中2・中7] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2005年04月28日撮影。
[中3・中6] 奈良県五條市西吉野町「銀峰山」にて、
2006年04月30日撮影。
[中4〜5・中8] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年05月06日撮影。
[中9〜13・下] 宮城県仙台市「東北大学植物園」にて、
2016年05月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp