しゃくなげもどき (石楠花擬き)

Rhodoleia championii

Rhodoleia championii

Rhodoleia championii

Rhodoleia championii

Rhodoleia championii

中国南部からベトナム、ビルマそれにマレーシアに分布しています。
暖地に生え、高さは9メートルほどになります。葉は「しゃくなげ」に似
て厚く、互生します。早春に、鮮やかな深紅色の花を咲かせます。香
港では旧正月を飾る花とされています。種名は、発見者であるイギリ
スのプラントハンター、シャンピオン(J. G. Champion)に因みます。
マンサク科ロードレイア属の常緑高木で、学名は Rhodoleia
championii。英名は Rhodoleia, Hong Kong rose。
Rhodoleia championii belogns to Hamamelidaceae (the Witch hazel family).
It is a tall evergreen tree that is native to southern China, Viet Nam, Burma
and Malaysia. This tree grows in warm places and can reach about 9 m in
height. The leaves are thick, alternate and resemble to Rhododendron. The
bright crimson flowers bloom in early spring. This flowers are adorned in
Hong Kong during Chinese New Year. The specific epithet is named after
the discoverer of British plant hunter J. G. Champion.
[上・中1〜2] 神奈川県鎌倉市「大船フラワーセンター」にて、
2009年02月21日撮影。
[中3・下] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2004年02月28日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp