しょくようほおずき (食用酸漿)

Physalis pruinosa

Physalis pruinosa

Physalis pruinosa

Physalis pruinosa

北アメリカの東部、ウィスコンシン州からフロリダ州に分布しています。乾燥した草原や荒れ地に生え、高さは45〜70センチほどになります。葉は卵形か心形で、綿毛が生えています。7月から9月ごろ、淡い黄褐色の花を咲かせます。内側には褐色の5個の斑があります。「ほおずき(酸漿)」のような袋に包まれた果実は、黄色く熟し、やがて落下します。果実には「マンゴー」のような香りと甘酸っぱさがあり、食用にされます。 
ナス科ホウズキ属の一年草で、学名は Physalis pruinosa。
英名は Strawberry tomato、Husk tomato。
Strawberry tomato (Physalis pruinosa) belongs to the Solanaceae (the Nightshade family). It is an annual herb that is native to the eastern United States; from Wisconsin south to Florida. This herb grows in arid grasslands and waste grounds, and can reach 45-70 cm in height. The leaves are ovate or cordate and tomentose. The pale yellowish-brown flowers bloom from July to September. The corolla has five brown mottles on the inside. The fruit is enveloped with bursiform calyx, ripen in yellow and dropped. The fruit has mango smell, sour flavor and it is used as food. 
[上・中1] 茨城県神栖市太田新町にて、2009年08月07日撮影。
[中2・下] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2002年11月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp