しょうじょうそう (猩々草) [Index] [Back]

Euphorbia heterophylla

Euphorbia heterophylla

Euphorbia heterophylla

Euphorbia heterophylla

Euphorbia heterophylla

Euphorbia heterophylla

Euphorbia heterophylla

Euphorbia heterophylla

アメリカの南部からメキシコ、中央アメリカの大部分に分布しています。高さは30〜70センチになり、茎は直立して、多少は分枝します。葉は濃緑色で、ふつうは2〜4個に分裂します。夏に、黄緑色の杯状花序を茎頂につけます。花序に花びらはなく、赤色から淡い紅色の苞葉で被われています。茎や葉を傷つけると、白色の乳汁が出て、皮膚被れの原因になります。
トウダイグサ科トウダイグサ属の一年草で、学名は Euphorbia heterophylla。英名は Mexican fireplant。
Mexican fireplant (Euphorbia heterophylla) belongs to the Euphorbiaceae (the Spurge family). It is an anuual herb that is native from southern Unite States to Mexico and to much of Central America. This herb can reach 30-70 cm in height. The stems are erect and and little branched. The leaves are dark green and mainly 2-4 lobed. The cyathia are borne on the stalk apices and are yellowish green in summer. They have no petals and are covered with red to pale rose pink bracts. The poisonous white sap ooze when breaked a stem and leaf cause a skin irritation.
[上・中1〜3] 千葉県香取市大角にて、2010年08月25日撮影。
[中4〜中6] 同上にて、2011年08月09日撮影。
[下] アメリカ・テキサス州オースティン市にて、
2008年08月02日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp