しゅうかいどう (秋海棠)

Begonia evansiana

Begonia evansiana

Begonia evansiana

Begonia evansiana

Begonia evansiana

Begonia evansiana

Begonia evansiana

Begonia evansiana

Begonia evansiana

わが国の各地をはじめ、中国やマレー半島に分布しています。陰湿地に生え、高さは1メートルほどになります。茎は直立して、上部で分枝します。葉は卵状心形で互生し、縁には鋸歯があります。8月から10月ごろ、茎頂や節から集散花序をだし、紅色の花を咲かせます。花には雄花と雌花があります。
シュウカイドウ科シュウカイドウ属の多年草で、学名は Begonia evansiana。英名は Hardy begonia。
Hardy begonia belongs to Begoniaceae (the Begonia family). It is a perennial herb that is native throughout Japan, China and the Malay Peninsula. This herb grows in damp and shady places and can reach about 1 m in height. The stem is erect and branched at the upper part. The leaves are ovate-cordate and alternate with toothed edges. The cymes are borne at the stem apices and nodes and the rose-pink flowers bloom from August to October. The flowers consist of male and female flowers.
[上・中1] 奈良県御所市高天「金剛山」にて、2006年09月05日撮影。
[中2・中3] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2007年06月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5・中6] 群馬県高崎市中野にて、2011年10月01日撮影。
[中7] 群馬県中之条町四万にて、2011年10月02日撮影。
[下] 三重県松阪市飯高にて、2012年07月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp