しゅんらん (春蘭)

Cymbidium goeringii

Cymbidium goeringii

Cymbidium goeringii

Cymbidium goeringii

Cymbidium goeringii

Cymbidium goeringii

Cymbidium goeringii

Cymbidium goeringii

Cymbidium goeringii

Cymbidium goeringii

Cymbidium goeringii

わが国から台湾や朝鮮、中国南西部にかけて分布しています。雑木林や尾根の日当たりの良いところに生え、高さは10〜25センチになります。葉は線形でかたく、叢生します。3月から4月ごろ、花茎をのばして淡い黄緑色の香りのある花を咲かせます。つぼみは生食やてんぷら、酢の物などにされ、また古くから、おめでたいときの蘭茶として用いられるそうです。 
ラン科シュンラン属の多年草で、学名は Cymbidium goeringii。
英名は Riverstream orchid。 
The Riverstream orchid (Cymbidium goeringii) belongs to the Orchdaceae (the Orchid family). It is a perennial herb that is distributed to Japan, Taiwan, the Korean Peninsula and southwestern China. This herb grows in sunny brushes or mountain ridges and can reach 10-25 cm in height. The leaves are linear, hard and clumpling. The scented pale yellowish-green flowers come on the stalks from March to April. The flower buds are used for raw diet, Japanese deep-fried food, pickled dish or herbal tea. 
[上] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年03月28日撮影。
[中1・中2] 栃木県藤岡町「三毳山公園」にて、
2008年03月29日撮影。
[中3〜中8] 福島県いわき市「滝富士」にて、
2014年04月06日撮影。
[中9・下] 宮城県仙台市「東北大学植物園」にて、
2016年05月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp