しゅろちく (棕櫚竹)

Rhapis humilis

Rhapis humilis

Rhapis humilis

Rhapis humilis

Rhapis humilis

Rhapis humilis

中国の南部、広東省から雲南省それに海南島に分布しています。わが国へは江戸時代の初めに渡来しました。高さは1〜5メートルほどになり、幹は濃褐色の繊維に被われます。葉は掌状に4〜10深裂し、裂片は披針形から狭披針形です。4月から5月ごろ、肉穂花序を下垂させ、淡黄色の花を咲かせます。比較的耐寒性があり、10度くらいで越冬します。 
ヤシ科シュロチク属の常緑低木で、学名は Rhapis humilis。
英名は Slender lady palm。 
Slender lady palm (Rhapis humilis) belongs to the Palmae (the Palm family). It is a small evergreen tree that is native to southern China, from Guandong to Yunnan and the Hainan Island. This tree was introduced into Japan in the early time of Edo Era (about 350 years ago). It can reach 1-5 m in height, and the stem is covered with dark brown fabrics. The leaves are divided into 4-10 palmately, the leaflets are lanceolate to narrow-lanceolate. The spadix is pendent with pale yellow flowers in April to May. This palm is relatively cold tolerant, and can pass winter if the temperature keeps up to 10 degree centigrade. 
[上] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデンゲート
パーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1・中2] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年03月25日撮影。
[中3〜4・下] 鹿児島県指宿市「フラワーパークかごしま」にて、
2017年03月31日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp