しろあみめぐさ (白網目草)

Fittonia verschaffeltii var. argyroneura

Fittonia verschaffeltii var. argyroneura

ペルーからコロンビアにかけて分布しています。アンデス山系の湿潤
な森林地帯に生え、高さは15センチほどになります。よく分枝して節
から根を伸ばし、マット状に広がります。葉は楕円形で、濃緑色の地
に、銀白色の網目状葉脈目立ちます。穂状花序を伸ばして、淡い黄
色の花を咲かせます。
キツネノマゴ科フィットニア属の常緑多年草で、学名は Fittonia
verschaffeltii var. argyroneura。英名は Silver net plant。
[上] 静岡県浜松市「浜松市フルーツパーク」にて、
2005年01月23日撮影。
[下] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2004年02月28日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp