しらねあおい (白根葵)

Glaucidium palmatum

Glaucidium palmatum

Glaucidium palmatum

Glaucidium palmatum

Glaucidium palmatum

Glaucidium palmatum

Glaucidium palmatum

Glaucidium palmatum

Glaucidium palmatum

Glaucidium palmatum

Glaucidium palmatum

わが国の本州、中部地方以北から北海道に分布しています。多雪地の山地から亜高山帯に生え、高さは60センチほどになります。大きな葉は互生し、掌状に7〜11裂します。5月から7月ごろ、淡い紅紫色ときに白色の花を咲かせます。ただし、これは花弁ではなく萼片です。名前は、栃木・群馬の県境にそびえ立つ日光白根山に因みます。
シラネアオイ科シラネアオイ属の多年草で、学名は Glaucidium palmatum。英名はありません。
"Shirane-aoi" (Glaucidium palmatum) belongs to the Glaucidiaceae family. It is a perennial herb that is distributed northward from Chubu district of Honshu to Hokkaido. This herb grows in mountain to sub-alpine zone of heavy-snow region, and can reach about 50 cm in height. The large leaves are alternate and palmately lobed with 7-11 lobes. The pale rose purple, occasionally white flowers bloom from May to July. They are petaloid sepals. The Japanese name is derived from Mt. Nikko-Shirane which rises over Tochigi and Gumma Prefectures.
[上・中1] 長野県小谷村千国乙「栂池自然園」にて、
2005年07月14日撮影。
[中2] 同上にて、2006年08月02日撮影。
[中3] 富山県立山町芦峅寺「立山・弥陀ヶ原」にて、
2006年07月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] 同上にて、2006年07月10日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中5〜中8] 群馬県片品村「尾瀬ヶ原」にて、
2012年06月10日撮影。
[中9・下] 群馬県片品村「至仏山」にて、2015年07月04日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp