シャムおりづるらん (シャム折り鶴蘭)

Chlorophytum bichetii

Chlorophytum bichetii

Chlorophytum bichetii

Chlorophytum bichetii

Chlorophytum bichetii

Chlorophytum bichetii

Chlorophytum bichetii

西アフリカの熱帯地域が原産です。高さは30センチほどになり、線形の葉には外側に白色の斑が入ります。ふつうの「おりづるらん(Chlorophytum comosum)」とは異なり、ランナーが出て子株をつけないのが特徴です。花茎を伸ばして、疎らな花序をつけ、小さな白い花を咲かせます。別名で「インドちょうらん(インド蝶蘭)」とも呼ばれます。 
ユリ科オリヅルラン属の常緑多年草で、学名は Chlorophytum bichetii。英名は Bichetii grass。 
Bichetii grass (Chlorophytum bichetii) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial evergreen herb that is native to the tropical areas of West Africa. This herb grows about 30 cm in height. The leaves are linear and white striped at the outer of leaf-blades. This species don't bear runners, different from the Spider plant (Chlorophytum comosum). The flowering stalks are borne in the sparse clusters and bloom small white flowers. 
[上・中2] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年11月23日撮影。
[中1] 同上にて、2006年12月01日撮影。
[中3〜5・下] 茨城県那珂市「茨城県植物園」にて、
2015年02月01日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp