しろうまあさつき (白馬浅葱)

Allium schoenoprasum var. orientale

Allium schoenoprasum var. orientale

Allium schoenoprasum var. orientale

Allium schoenoprasum var. orientale

Allium schoenoprasum var. orientale

わが国の本州、北アルプスの白馬岳から朝日岳、それに北海道の
夕張岳に分布しています。名前の由来となった白馬岳には、葱平(ね
ぶかっぴら)という地名もあります。「あさつき」(Allium schoenoprasum
var. foliosum)の高山型の変種で、高さは30〜50センチほどになり
ます。7月から8月ごろ、花茎を伸ばして赤紫色の花を咲かせます。
ひと回り小型の白花品種もあります。
ユリ科ネギ属の多年草で、学名は Allium schoenoprasum var.
orientale。英名はありません。
"Shirouma-asatsuki" (Allium schoenoprasum var. orientale) belongs to the
Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to the
Northern Alps of Honshu; from Mt. Shirouma to Mt. Asahi, and
Hokkaido; Mt. Yubari. It is a alpine variety of "Asatsuki" (Allium
schoenoprasum var. foliosum), and can reach 30-50 cm in height. The
flowering stalks are borne and the magenta flowers bloom from July to
August. It has also one size smaller and white flower color variety.
[上・中1〜2] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2011年05月04日撮影。
[中3・下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2003年06月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp