しばやなぎ (柴柳)

Salix japonica

Salix japonica

Salix japonica

Salix japonica

Salix japonica

わが国の本州に分布しています。低い山地や丘陵に生え、高さは4
メートルほどになります。下部からよく分枝して、横に広がります。3
月から4月ごろ、葉の展開と同時に、先のとがった細い尾状花序を
だします。雌花序は淡緑色ですが、果期には10センチほどに伸び、
刮ハは熟して2裂します。
ヤナギ科ヤナギ属の落葉低木で、学名は Salix japonica。
英名はありません。
'Shiba-yanagi' (Salix japonica) belongs to Salicaceae (Willow family). It is
a deciduous small tree that is native to Honshu of Japan. This tree occurs in
low mountains or hillsides and can reach about 4 m in height. It is much
branched at the bases and extends transversally. The slender catkins are
borne as soon as foliation from March to April. The female clusters are
pale green and increase in length about 10 cm. The capsules are splitting
open when mature.
[上・中1〜2] 茨城県つくば市平沢「不動峠」にて、
2008年03月29日撮影。
[中3] 大阪府四条畷市「市民総合グランド」にて、
2002年04月26日撮影。
[下] 同上にて、2001年05月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp