しこくびえ (四国稗)

Eleusine coracana

Eleusine coracana

インドから中央アジアが原産といわれています。インドの東部で栽培
が始まり、わが国へも縄文時代前期には中国を経て渡来していま
す。以前は山畑や冷水田などに栽培されていましたが、現在ではほ
とんど見られなくなりました。高さは30〜60センチほどになります。
夏、茎頂に穂状花序をだし、花を咲かせます。穎果は球形で、オレン
ジ色に熟します。粥やパン、醸造用などに利用されますが、美味しく
ないそうです。
イネ科オヒシバ属の一年草で、学名は Eleusine coracana。
英名は Finger millet。
長野県南箕輪村「信州大学農学部」にて、2005年08月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp