しだれブルーアトラスシーダー

Cedrus atlantica cv. Glauca Pendula

Cedrus atlantica cv. Glauca Pendula

アフリカ北部が原産の「アトラスシーダー(C. atlantica)」の栽培品種で
す。成長は遅く、高さは4.5〜9メートルになります。樹皮は幼木で
は平滑な灰色で、成木になると粗くなります。枝は枝垂れ、葉は白粉
を帯びた青緑色の針形で、輪生状につきます。
マツ科ヒマラヤスギ属の常緑小高木で、学名は Cedrus atlantica cv.
Glauca Pendula。英名は Weeping blue Atlas cedar。
Weeping blue Atlas cedar belongs to Pinaceae (Pine family). It is an
evergreen semi-tall tree that is a cultivar of Atlas cedar. This tree grows
slowly and can reach 4.5-9 m in height. Barks are smooth and gray when
young, and rough with ages. Branches droop down, leaves are powdery
bluish-green needles and born in whorls.
岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、2006年12月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp