しちょうげ (紫丁花)

Leptodermis pulchella

Leptodermis pulchella

Leptodermis pulchella

Leptodermis pulchella

Leptodermis pulchella

Leptodermis pulchella

Leptodermis pulchella

わが国の本州、紀伊半島や四国の限られた範囲に分布しています。川岸の岩場に生え、高さは50センチくらいになります。よく分枝して、7月から8月ごろ、葉腋や枝先に淡い紫色の花を咲かせます。花冠は長い漏斗形で、先端が5裂します。別名で「いわはぎ(岩萩)」とも呼ばれます。
アカネ科シチョウゲ属の落葉小低木で、学名は Leptodermis pulchella。英名はありません。
"Shichoge" (Leptodermis pulchella) belongs to the Rubiaceae (the Madder family). It is a deciduous shrub that is endemic to the Kii Peninsula i Honshu and Shikoku of Japan. This shrub grows on rocky places along river, and can reach about 50 cm in height. The stems are much-branched. The pale purple flowers bloom in the axils and terminal branches from July to August. The corolla is long funnel-shaped with quintuple-lobate tips.
[上・中1〜2] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年09月19日撮影。
[中5・下] 同上にて、2012年07月21日撮影。
[中3・中4] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2003年07月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp