しでしゃじん (四手沙参)

Asyneuma japonicum

Asyneuma japonicum

Asyneuma japonicum

Asyneuma japonicum

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国東北部に分布しています。
山地に生え、高さは50〜100センチになります。葉は卵形から長楕
円形で互生し、縁には不揃いな鋸歯があります。6月から9月ごろ、
上部の葉腋から総状花序をだし、青紫色の花を咲かせます。花冠は
基部から5裂し、平開して反り返ります。花柱は突き出て先端が3裂
しています。
キキョウ科シデシャジン属の多年草で、学名は Asyneuma japonicum。
英名はありません。
[上・中2] 滋賀県米原市上野「伊吹山」にて、2006年07月27日撮影。
[中1・下] 岐阜県揖斐川町春日川合「伊吹山」にて、
2005年10月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp