しだれがき (枝垂れ柿) [Index] [Back]

Diospyros kaki cv. Pendula

Diospyros kaki cv. Pendula

Diospyros kaki cv. Pendula

Diospyros kaki cv. Pendula

「かきのき」の栽培品種です。枝が枝垂れるのが特徴です。果実は球形で、ゴルフボールくらいの大きさです。詳細な情報は見あたりません。写真は、岐阜県の天然記念物に指定されている樹齢100年以上という個体。
カキノキ科カキノキ属の落葉高木で、学名は Diospyros kaki cv. Pendula。英名は Weeping kaki-no-ki。
Weeping kaki-no-ki (Diospyros kaki cv. Pendula) belongs to Ebenaceae (Ebony family). It is a deciduous tall tree that is probably a cultivar of 'Kaki-no-ki'. The branches are weeping. The fruits are round and golfball-sized. The plant of the photos is designated as a protected species of Gifu prefecture.
岐阜県中津川市蛭川にて、2007年10月04日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp