しろばなげんかいつつじ (白花玄海躑躅)

Rhododendron mucronulatum var. albiflorum

Rhododendron mucronulatum var. albiflorum

わが国の本州、岡山県以西から四国北部・九州北部それに朝鮮半
島に分布する「ゲンカイツツジ(R. mucronulatum var. ciliatum)」の白花
品種です。丘陵から山地に生え、高さは1.5〜2メートルになりま
す。葉は楕円形から披針形で、枝先に集まってつきます。3月から4
月ごろ、白色の花を咲かせます。花冠は漏斗形で5深裂します。
ツツジ科ツツジ属の落葉低木で、学名は Rhododendron mucronulatum
var. albiflorum。英名はありません。
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2006年03月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp