しろたえぎく (白妙菊)

Senecio cineraria

Senecio cineraria

Senecio cineraria

Senecio cineraria

Senecio cineraria

Senecio cineraria

Senecio cineraria

Senecio cineraria

Senecio cineraria

地中海沿岸が原産です。耐寒性が強いので、冬の花壇の縁取りにも
よく使われます。葉や茎には一面に白い綿毛が生えて、ビロードの
羽のように見えます。花は播種から2年目以後に見られます。5月か
ら6月ごろ、花茎の先に散房花序をつけて、小さな黄色い花を咲か
せます。
キク科キオン属の常緑多年草で、学名は Senecio cineraria。
英名は Dusty miller, Cineraria。
Dusty miller belongs to Asteraceae (Aster family). It is an evergreen
perennial herb that is native to coastal areas of Mediterranian Sea. This
herb are cold tolerant and used as edging of gardens. The stems and leaves
are covered with whitish soft hairs, and look like velvety feathers. The
flowers come in the second year after sowing. The corymbs are borne on
the flowering stalks and bloom small yellow flowerheads from June to July.
[上・中1] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2007年06月08日撮影。
[中2・中3] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2004年05月28日撮影。
[中4・中5] 茨城県神栖市矢田部にて、2008年06月11日撮影。
[中6] オーストラリア・シドニー市「タロンガ動物園」にて、
2006年02月25日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中7・下] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp