しはいすみれ (紫背菫)

Viola violacea

Viola violacea

Viola violacea

Viola violacea

Viola violacea

Viola violacea

Viola violacea

Viola violacea

Viola violacea

Viola violacea

Viola violacea

Viola violacea

Viola violacea

わが国の本州から四国・九州に分布しています。山地の林内や斜面などに生え、高さは3〜8センチになります。葉は長卵形から披針形で、基部は心形です。また裏面は赤紫色を帯びます。3月から5月ごろ、花茎を伸ばして淡紅紫色から濃紅紫色の花を咲かせます。 
スミレ科スミレ属の多年草で、学名は Viola violacea。
英名はありません。 
"Shihai-sumire" (Viola violacea) belongs to the Violaceae (the Viola family). It is a perennial herb that is native from Honshu to Shikoku, Kyushu of Japan. This herb grows in montane forests, slopes and can reach 3-8 cm in height. The leaves are long-ovate to lanceolate with cordate bases. The reverse sides of leaves are burgundy red. The pale magenta to deep magenta flowers come on the stalks in March to May. 
[上] 岐阜県瑞浪市土岐町「瑞浪高原」にて、2007年04月13日撮影。
[中1・中2] 大阪府四条畷市逢阪「むろいけ園地」にて、
2006年04月16日撮影。
[中3〜中5] 大阪府高槻市田能「高槻花しょうぶ園」にて、
2006年04月26日撮影。
[中6〜中10] 福島県古殿町「鎌倉岳」にて、2014年04月19日撮影。
[中11・下] 岐阜県瑞浪市釜戸町「竜吟峡」にて、
2007年04月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp