しろばなはくさんしゃじん (白花白山沙参)

Adenophora triphylla var. hakusanensis f. chionantha

Adenophora triphylla var. hakusanensis f. chionantha

Adenophora triphylla var. hakusanensis f. chionantha

わが国の固有種で、本州の中部地方以北に分布しています。「ハク
サンシャジン」の白花品種で、亜高山帯から高山帯の草地に生え、
高さは15〜50センチになります。葉は卵状楕円形で鋸歯があり、3
〜5個が輪生します。7月から8月ごろ、茎の上部に白色の花を2〜
3段、数個ずつ輪生して咲かせます。花冠はふっくらした鐘形で、萼
片は線形、鋸歯があるか全縁です。
キキョウ科ツリガネニンジン属の多年草で、Adenophora triphylla var.
hakusanensis f. chionantha。英名はありません。
長野県白馬村北城「八方尾根」にて、2006年08月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp