しろばなはんしょうづる (白花半鐘蔓)

Clematis williamsii

Clematis williamsii

Clematis williamsii

Clematis williamsii

Clematis williamsii

Clematis williamsii

Clematis williamsii

Clematis williamsii

わが国の本州、関東地方南部以西から近畿地方の太平洋側、それ
に四国・九州に分布しています。おもに石灰岩地の林縁などに生え、
長さは5メートルほどになります。葉は3出複葉、小葉は卵形で3中
裂します。4月から5月ごろ、新枝の葉腋から花柄を伸ばし、広鐘形
の淡黄緑色を帯びた白い花を咲かせます。花弁のように見えるのは
4個の萼片です。
キンポウゲ科センニンソウ属の落葉小低木で、学名は Clematis
williamsii。英名はありません。
"Shirobana-hansho-zuru" (Clematis williamsii) belongs to the
Ranunculaceae (the Buttercup family). It is a deciduous shrub that is
distributed westward from the Pacific Ocean Side of southern Kanto
district to Kinki district of Honshu, Shikoku and Kyushu. This shrub grows
mainly in forest edges on calcareous places, and can reach about 5 m long.
The leaves are trifoliate with intermediate trilobate, ovate leaflets. The
peduncles are borne at the axils of new branches, the pale yellowish green
tinged, white and broad campanulate flowers bloom from April to May.
The corolla has four petaloid sepals.
[上・中1〜2] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2011年05月04日撮影。
[中3・中4] 栃木県日光市「東大付属日光植物園」にて、
2010年06月26日撮影。
[中5〜6・下] 大阪府河内長野市滝畑「岩湧山」にて、
2006年05月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp