しろばなのへびいちご (白花の蛇苺)

Fragaria nipponica

Fragaria nipponica

Fragaria nipponica

Fragaria nipponica

Fragaria nipponica

Fragaria nipponica

Fragaria nipponica

Fragaria nipponica

Fragaria nipponica

Fragaria nipponica

Fragaria nipponica

Fragaria nipponica

Fragaria nipponica

Fragaria nipponica

わが国の本州、宮城県以西から中部地方それに屋久島に分布しています。深山の日当たりの良い草原や礫地に生え、高さは10〜15センチほどになります。葉は3小葉で平行脈がよく目立ちます。5月から7月ごろ、花茎の先に白色の花を咲かせます。果実は赤く熟します。名前は「へびいちご」ですが、「オランダいちご」と同じ仲間なのでとても美味しいものです。 
バラ科オランダイチゴ属の多年草で、学名は Fragaria nipponica。
英名はありません。 
"Shirobanano-hebi-ichigo" (Fragaria nipponica) belogns to the Rosaceae (the Rose family). It is a perennial herb that is distributed westward from Miyagi prefecture to Chubu district of Honshu and the Yaku Island. This herb grows in sunny grasslands or screes of deep mountains, and can reach10-15 cm in height. The leaves are three-lobed compound with obvious parallel-veins. The white flowers bloomat the terminal flowering stalks fromay to July. The fruits ripen red, swwet and edible. It is closely related to the strawberry (Fragaria grandiflora). 
[上] 長野県安曇野市穂高有明「中房渓谷」にて、
2006年06月02日撮影。
[中1] 長野県山ノ内町「東舘山高山植物園」にて、
2004年07月03日撮影。
[中9・中10] 同上にて、2010年07月25日撮影。
[中3] 同上にて、2005年07月15日撮影。
[中2] 長野県松本市内田「県林業総合センター」にて、
2005年05月22日撮影。
[中4] 秋田県由利本荘市矢島町「竜ヶ原湿原」にて、
2005年07月17日撮影。
[中5〜中8] 群馬県片品村東小川にて、2010年06月27日撮影。
[中11〜12・下] 山梨県甲州市「湯ノ沢峠」にて、
2014年05月24日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp