しほうちく (四方竹)

Tetragonocalamus quadrangularis

Tetragonocalamus quadrangularis

Tetragonocalamus quadrangularis

Tetragonocalamus quadrangularis

Tetragonocalamus quadrangularis

中国の中・南部が原産です。庭園竹としてポピューラーで、関東地方
以西に植栽されています。桿が四角形になるので四方竹と呼ばれま
す。高さは2〜7メートルほどで、下部の節にはいぼ状の突起があ
り、伸びると根になります。葉は細くて先端が下垂します。10月ごろ
から冬にかけてタケノコがでますが、食用にもなるそうです。
イネ科シホウチク属のタケ類で、学名は Tetragonocalamus
quadrangularis。英名は Square stem bamboo。
[上] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2004年11月21日撮影。
[中1・中2] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2004年12月07日撮影。
[中3・下] 京都市西京区「洛西竹林公園」にて、
2006年02月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp