しまかんぎく (島寒菊)

Chrysanthemum indicum

Chrysanthemum indicum

Chrysanthemum indicum

Chrysanthemum indicum

Chrysanthemum indicum

わが国の本州、近畿地方以西から四国・九州、それに台湾や朝鮮
半島、中国東部に分布しています。山地の日当たりのよいところに
生え、高さは30〜80センチになります。葉は5中裂し、裏面には淡
緑色の伏毛があります。10月から12月ごろ、直径25ミリほどの黄
色い頭花を咲かせます。別名の「アブラギク」は、江戸時代に長崎で
この花を油に浸したものを油菊と呼び、傷薬にしたことから。
キク科キク属の多年草で、学名は Chrysanthemum indicum。
英名は Chrysanthemum, Shima-kan-giku。
[上・中1・下] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2006年11月21日撮影。
[中2・中3] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2003年12月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp