しろみのこむらさき (白実の小紫)

Callicarpa dichotoma var. albi-fructus

Callicarpa dichotoma var. albi-fructus

Callicarpa dichotoma var. albi-fructus

Callicarpa dichotoma var. albi-fructus

Callicarpa dichotoma var. albi-fructus

Callicarpa dichotoma var. albi-fructus

本州の中部地方以西から朝鮮半島、中国に分布する「こむらさき
(C. dichotoma)」の変種です。高さは1〜2メートルになり、枝は細くて
枝垂れます。6月から7月ごろ白い花を咲かせ、秋には真っ白な果
実ができます。ふつうには「しろしきぶ(白式部)」と呼ばれています
が、これは「むらさきしきぶ」の白実変種をさす名称です。別名で、
「しらたまこしきぶ(白玉小式部)」とも呼ばれます。
クマツヅラ科ムラサキシキブ属の落葉小低木で、学名は Callicarpa
dichotoma var. albi-fructus。英名はありません。
'Siromi-no-komurasaki' (Callicarpa dichotoma var. albi-fructus) belongs to
Verbenaceae (Verbena family). It is a deciduous small tree that is a variety
of 'Komurasaki' (Callicarpa dichotoma). This tree can reach 1-2 m in
height, the branches are slender and weeping. It blooms white flowers from
June to July and bears pure white berries in fall.
[上] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2003年06月29日撮影。
[中1] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年09月19日撮影。
[中2〜3・下] 岐阜県中津川市蛭川にて、2007年10月04日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp