しこたんそう (色丹草)

Saxifraga cherlerioides var. rebunshirensis

Saxifraga cherlerioides var. rebunshirensis

Saxifraga cherlerioides var. rebunshirensis

Saxifraga cherlerioides var. rebunshirensis

わが国の本州、中部地方以北から北海道に分布しています。高山の
岩礫地や岩の割れ目などに生え、マット状に広がります。7月から8
月ごろ、赤い花茎を伸ばして白い5弁花を咲かせます。花弁には黄
色と赤色の斑点があります。名前は、発見地の色丹島に因みます。
また別名で「レブンクモマグサ(礼文雲間草)」とも呼ばれます。
ユキノシタ科ユキノシタ属の常緑多年草で、学名は Saxifraga
cherlerioides var. rebunshirensis。英名はありません。
[上・中1〜2] 長野県茅野市北山「麦草ヒュッテ」にて、
2006年07月08日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 神戸市灘区六甲山町「六甲高山植物園」にて、
2004年03月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp